キャッシングやカードローンの限度額を増やす方法4つ

キャッシングやカードローンを長く使っていると、利用限度額をもう少し増やしたいと思うこともあるでしょう。ここではキャッシングなどの利用限度額を増やす方法についていくつか述べていきますので、参考にしてください。

1、遅延事故を一度も起こさない
これは鉄則です。キャッシング業者からすると、一度でも返済が遅れた人は信用情報機関において個人の信用がマイナスになってしまうので、遅延事故を一度も起こしてはいけません。

2、社会的信用を上げる
前述の個人信用情報はスコアによって管理されています。その中でも最も信用度があるのは公務員です。あなたが公務員で家を持っており、家族がいる場合にはそのスコアはかなりの高得点であると言えるでしょう。逆に収入が安定していても社会的信用が低いフリーターであったりすると、限度額の増額にはなかなか応えてもらえないかもしれません。

3、年収を増やす
これも大事な要素です。返済能力のある人というのは社会的地位とともに多くの収入がある人と同義だからです。そのため、仕事を頑張ったり転職したりして勤続年数を積み、収入を上げていくと枠増額のための要素が揃っていくことになります。

4、長年の貸し借りで業者との信頼を築く
あなたがこれまでクレジットカードやキャッシュカードを業者と契約してどれだけ貸し借りを行ってきたでしょうか。業者からすると、毎月きちんと返済してくれている利用者というのはそれだけで大きな信用になります。しかもそれを何年にも渡って続けていると、さらなる信用度アップにもつながります。

事実、私は10年間クレジットカードのキャッシング枠を使ってきましたが、返済もきちんと行ってきました。もちろん遅延事故は一度も起こしていはいません。

するとある時、カード会社のほうから「ショッピング枠とキャッシング枠の増額希望受付」という手紙が届きました。長年の信用により、会社側から「増額しませんか?」というお知らせが来るほどになったのです。これはひとえに私のこれまでの信用度が高かったからこそ来たもので、キャッシングの増額をしたければ、まずコツコツと信頼を積み上げ、業者側にきちんとしている人だと認めてもらうのが一番の近道なのです。

こうした事項を守り、キャッシングを利用していれば多くの場合、増額の受付には応えてくれるのではないかと思います。やはり「遅延事故」を起こしてしまうとその時点で信用がなくなってしまうので絶対に避けましょう。