カードローン審査で落とされる理由は様々

キャッシングの審査で落とされる理由は、色々あります。

まず収入の安定性です。金融会社というのは、基本的に「安定」を重視する事が非常に多いのです。例えばAさんの毎月の収入が10万、25万、39万、15万だとしましょう。そしてBさんの収入の場合は、毎月15万円で安定しているとします。この2人が、あるキャッシングの会社に申し込みをしたとします。

その場合、通る可能性が高いのはBさんです。Bさんの収入は、見るからに安定しています。Aさんの場合は毎月の収入にムラがあるのですが、Bさんはほぼ一定かつ安定している状況です。金融会社としては、安定度が高いBさんを審査で通す傾向があります。

それと審査では、年数も大事なポイントです。キャッシングの申込書には、年数を記載する箇所は2つあります。居住年数と勤続年数です。どちらも、短いよりも長い方が審査では有利です。Aさんの勤続年数はせいぜい3ヶ月ですが、Bさんの場合は5年前後だとしましょう。この場合は、Bさんの方が審査に通りやすい傾向がある訳です。居住年数も同様です。

それと過去の借入の状況です。キャッシングの申し込みをしている人の中には、過去に別の金融会社で融資を受けている場合があります。つまり過去にはC社で融資を受けていたものの、何らかの事情があってD社で申し込みをする等の具合です。この時にD社が重視するのは、C社での延滞の有無です。もしもC社にて延滞をしていると、それで審査に落とされる可能性が高まります。ちなみに延滞というのは、何も金融会社だけではありません。携帯電話の料金滞納なども、D社に対する審査ではマイナスになります。

なぜならD社としては、顧客から返済をしてもらう事によってビジネスをしています。もしも過去に遅延があると、また同じ歴史を繰り返す可能性があるからです。逆に過去のC社による借入は全て完済していて増枠もされているとしたら、審査に通る確率は高まるのですが。何しろ過去の実績により、審査で落とされる事もあります。

それと他社からの借入件数です。この借入件数によって落とされる事例が、キャッシングでは最も多いのです。例えばAさんの場合、2社の金融会社から借りているとしましょう。ところがBさんの場合、6社から借りています。この場合審査に通りやすいのはAさんです。あまり多くの会社から借りていると、やはり審査で落とされる確率が高まります。

ですのでキャッシングの申し込みでは毎月の収入の安定度や勤続年数などは大事であり、なおかつ他社の状況も審査に通るかどうかを左右する訳ですね。とりわけ他社からの借入件数は、キャッシングの審査では一番の注意点と言えます。