銀行と消費者金融における即日融資の違い

これまで、金融機関でお金を借りる場合、銀行系が消費者金融系かという選択においては、急ぎなら消費者金融の方が上と言われてきました。というのは、銀行は審査が厳しく慎重であるために、すぐには融資OKという返答をしないことが多く、お金を借りられるまでには時間がかかるというのが一般的な認識でした。

しかし、最近では銀行系カードローンなどでも即日融資の商品が増えてきました。

そうなると、低金利で融資限度額も高い銀行の方が消費者金融よりも条件はいいと考えるのが自然でしょう。

ただ、あくまで銀行は信用を第一にしており、昔から地域に根ざして地域の住民との信頼関係の中で成り立っている経緯もあります。そのため、利用者にこれだけ好条件で融資をしているのですが、逆に言えば、その条件でお金を貸しても大丈夫な人かどうかについては厳しく審査が行われるのが通常です。

従って、誰でも簡単にお金を貸してもらえるわけではありません。結局、銀行の審査を通過できるのであれば、銀行で即日融資を受けるのが一番理想ですが、もし審査を通過できないのであれば消費者金融で融資を受けるしかありません。

ただ、銀行での即日融資というのも注意が必要です。というのは、全ての銀行で同じようなサービスを行っているかどうかというと現状では必ずしもそうとは言い切れません。

もし銀行で融資を受けたい、できれば即日融資を受けたいと思うなら、あらかじめサイト等で調べておかれる方がよいでしょう。

即日融資は可能?

また、銀行には様々なローン商品がありますが、即日融資といっても、実際にそれが可能なのはカードローンくらいであるのが現実です。住宅ローンやマイカーローンなどで即日融資というのは、審査の時間もかかりますので、とてもできません。

それと、即日融資といっても、何時に申し込んでもよいのかといえば決してそうではありません。大体午後2時までに申し込みをすればよいと言われますが、審査には2時間くらいは余裕を見ておきましょう。従って午前中には申し込みを完了させるくらいでちょうどよいでしょう。

さらに、融資限度額ぎりぎりの大口融資の場合も審査はより慎重に行われることが多いです。つまりそれだけ審査に時間もかかりますので、多めに時間の余裕を見ておかなければなりません。

このように、即日融資といってもいろいろとハードルがありますので、事前によく調べてから申し込みましょう。

また、当然のことですが、簡単にすぐお金を借りられるからといっても安易な気持ちで借りるのではなく、返済計画などをきっちり立てた上で融資の申し込みをしましょう。