総量規制というのは一部の会社にしか適応されない

総量規制というのはお金を借りる上で色々と重要な言葉なのですが、この規制を受けるのは消費者金融だけです。貸金業者に適応される規制であり、貸金を中心としていない銀行では対象となりません。

そのためあまり収入が多くない場合でも、銀行のカードローンを発行することで多くの金額を借りられるようになります。

消費者金融の場合、収入の3分の1までが借りられる限度となります。これに借金の金額をマイナスしたものが実際に適応される利用限度額です。そのため借金を抱えている場合は収入が多くても利用限度額が低くなり、場合によっては審査に落とされてしまうのです。この規制は消費者金融全てに適応されるものですから、抜け道というのは基本的に無いと考えてください。

一方銀行の場合は総量規制の対象に入っていませんから、収入の3分の1までしか借りられないということはありません。それ以上の利用限度額を適応してきますし、借金があっても利用限度額というのは変わりません。しかし厳しい審査を行っているため、3分の1以下に設定されることもあるということです。ただ沢山お金を借りられる環境にあるのは間違いなく、総量規制という問題もないので意外な利用限度額に設定されることも割と多いのです。

こうした違いを持っているため、多くのお金を借りたいと思っているなら銀行を利用した方がいいです。しかも銀行なら低金利で借りられるので、返済する金額も消費者金融より少なくなります。同じ金額を借りるのであれば低金利の銀行の方が安定すると思います。

消費者金融は総量規制の影響もありますし、金利もやや高いのですぐに借りたいという時に利用するのがいい使い方です。カードローンでは借りられないような少ない金額を借りる場合は消費者金融に依頼するといいです。

なお消費者金融でも総量規制が適応されないローンがあります。それはおまとめローンです。総量規制は一般的なキャッシングローンにのみ適応されることであって、おまとめローンというのは対象になりません。従って多重債務の場合は消費者金融が提供しているおまとめローンを利用しても問題はないということです。これなら沢山のお金を借りて、多重債務を解消することができます。消費者金融から総量規制の影響無く借りられるのはこの方法だけと考えてください。

一般的に沢山借りたい場合は総量規制の対象外である銀行がお薦めです。すぐに借りたい場合は総量規制の影響を考えた上で消費者金融を利用するといいです。